最近の記事

Powered by Blogzine[ブログ人]

ブログの移転と新しいURLのお知らせ

この度、「Melody Talk」はOCNブログ人のサービス終了にともない、11月30日をもって下記URLへ移転します。

【旧URL】

URL: http://satusatu.blogzine.jp/

一定の移行期間の後、11月30日に旧サイトは閉鎖します。

【新URL】

URL: http://www.melodytalk.net/

リンク、ブックマークなど登録されている方はお手数ですが新しいURLへの変更をお願いいたします。

4連敗の巨人は世代交代!? 阿部に村田、衰えを見せる"強力打線"

「強力打線」と呼ばれ続けた巨人打線。しかし、その「強力打線」はもう過去のものなのかもしれない。

阪神とのクライマックスシリーズでは4番の阿部、5番の村田があまり機能しなかった。2人はもともとシーズンでも2割5分程度の打率だったので、冷静に考えればそれほど過度な期待はできなかったのかもしれないが、それにしても酷かった。覇気も迫力もなかった。

原監督は阿部、村田というビッグネームになんとかしてもらいたかったようだが、傍目には、阿部、村田にはもう往年の力は残っていないように見えた。

阿部、村田にこだわる今の巨人打線は見ていて痛々しかった。過去の栄光を引きずっているオールディーズな打線に見えた。

原監督はビッグネームに対する敬意や遠慮もあり、阿部、村田に主力としてのポジションを与えているのだろうが、かつての小笠原のようにそろそろ世代交代を促す時期が来ているのかもしれない。

坂本、長野の伸び悩み・・・。阿部、村田の衰え・・・。3連覇の巨人も、その実情はかなり深刻な問題を抱えているようだ。

2014年秋、10月期の面白そうなアニメは?

2014年秋のアニメ、10月放送開始のアニメの中で、個人的に「面白そう」と感じた作品をランキングにしてみた。設定が面白いアニメ、絵が綺麗なアニメ、キャラが可愛いアニメなど、好み全開で選んでみた。

【1】神撃のバハムート GENESIS

PVがハイクオリティ。「圧倒的ビジュアルファンタジー」の謳い文句も頷ける。2014年秋のアニメの中では一番大作感を感じさせるアニメだ。面白そう。CMは食傷気味だったけれど、このアニメは録画にしろBDにしろ間違いなく見ると思う。


【公式】神撃のバハムート GENESIS PV第2弾

【2】Fate/stay night

今更感が無くもないが、公式サイトのビジュアルを見てしまうとやはり惹かれるものがある。劇場版なども含め、今回はヒロインの全ルートを網羅するそうだ。ZEROのufotable制作なのでシリアスなアニメになるのだろう。


【公式】TVアニメ「Fate/stay night」PV第3弾

【3】天体のメソッド

久弥直樹(Kanon)×QP:flapper(ガールフレンド(仮)のタッグが話題に。オリジナルアニメなのでどんなストーリーになるのかも楽しみ。PVに「奇跡」、「運命」といったキーワードが出てくる。やはり泣けるアニメなのか?

 
【公式】天体のメソッド PV2

【4】オオカミ少女と黒王子

彼氏のフリをしてもらったイケメンが、実はどんでもない腹黒ドS男子だった・・・という設定が面白い。少女マンガにはよくある話なのかもしれないけれど、設定的に面白そう。イケメン佐田くんはエリカが好きなんだろうね・・・。


【公式】TVアニメ「オオカミ少女と黒王子」PV第1弾

【5】ログ・ホライズン

2期もNHKの安定感で面白そう(制作会社は変わるけど)。ネットゲームが舞台のアニメとしてはSAOにしてやられた感があるが、こちらはこちらであちらにはないキャラがあって面白いと思う。このアニメ、まおゆうと同じ作者とは思えない・・・。

TVアニメ『ログホライズン』第2シリーズ トレイラームービー

【6】魔弾の王と戦姫

ファンタジーで戦記もので美少女もの。弓使いの男と可愛い戦姫による戦いと青春のストーリー。見所としては国同士の戦い、戦闘シーンか。「美少女ファンタジー」の謳い文句に一抹の不安も感じるが、単なるハーレムものでも無さそうだ。


【公式】TVアニメ「魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)」PV

【7】山賊の娘ローニャ

何かと話題になりそうなアニメ。日本よりもむしろ海外での注目度が高いのはさすがはジブリといった感じ。3DCGで描くキャラクターに賛否両論。個人的にはキングダムのキャラに違和感を感じないので、アリだと思う。

TVアニメ『山賊の娘ローニャ』 予告動画

【8】ガールフレンド(仮)

今期のハーレムアニメ・・・だと思う。ゲームの内容が分からないのでもしかしたら日常系百合アニメになるのかもしれんが。話題になった丹下桜も出演。豪華声優陣だけに、なんとかハーレム路線を願う・・・。


【公式】ガールフレンド(仮)制作発表会オープニングムービー

【9】甘城ブリリアントパーク

フルメタル・パニック作者の新作ということで個人的に注目(ちなみに京アニメ)。オレ様系高校生による遊園地の再建というストーリーらしい。設定的に面白さを感じないのだが、原作は結構面白いらしい。アニメも面白くなるに違いない。


【公式】甘城ブリリアントパーク アニメPV

【10】寄生獣 セイの格率

見てみたいような、見たくないようなアニメ。PV見て「ああ、こういうのか」って思ったが、原作は結構人気らしい。ストーリー的に進撃の巨人と似てなくもないが、果たして同じようにヒットしたりするのだろうか。ちなみに、原作は20年以上も前のマンガ。


【公式】寄生獣 セイの格率 PR動画 

以上、2014年10月期放送のアニメの中で面白そうなものを10点挙げてみた。ランキングは筆者の好みなのであしからず。

家蚊(アカイエカ)はデング熱を媒介しない! 刺されても大丈夫!?

デング熱代々木公園が閉鎖になったらしい・・・。最初は「大丈夫だろ」とたかをくくっていた人達も、なんだかちょい心配?になってきたようだ。

でも、デング熱を持っているのはヒトスジシマカなどのヤブカ(デカイやつ)であって、よく家に入ってくる家蚊(アカイエカ)は、デング熱を持っていない(媒介しない)らしい。

つまり、家にいる蚊に刺されてもデング熱にはかからない。大丈夫というわけだ。(ひと安心) 

デング熱を持っているヤブカにしても、家の中では見たことがないし、公園や草むらなどに近づかなければそうそう刺されることもないんじゃないだろうか。もちろん、「市街地にヤブカはいない」とは断言はできないし、一軒家など森や草むらに近い家ではヤブカの進入はあるので、蚊取り線香や蚊取りマットで蚊を退治することは大切だと思う。

夏も終わりだいぶ涼しくなったので、窓や戸は閉めておくほうがいいかもしれない。デング熱対策には蚊を進入させないことが一番早いし効果的だと思う。

でも、家蚊(アカイエカ)って、日本脳炎を媒介するんじゃなかったっけ?

□□□
デング熱の国内感染症例について 千代田区

アニメ化&キャラソン! 人気の艦これ、撃沈とダメージはどう描く!?

艦隊これくしょん -艦これ-  艦娘想歌【壱】 ボーカルコレクション vol.1 初回限定盤

アニメ化&キャラソンでますます人気が出そうな艦これ。そのキャラクターソング「艦娘想歌」は、やはりこう来たかって感じのメロディーだった(和風)。でも、歌声は今までのキャラソンとは少し違っていた。

声優が1人で3役、4役こなしてる・・・(てんこ盛り)。

ちょっと盛りすぎだろって思わなくもない。聴いてるだけでは、誰が歌ってるのかワカラナイ・・・。このキャラソンはシリーズ化しそうだけど、これからもこんな感じで続いていくのだろうか・・・。まさか、艦娘全員に歌わすつもりか?

「いい曲」という意味では、【壱】の「鎮守府の朝」が良かった。いかにもキャラソンって感じの曲で、洲崎綾が1人4役というハナレワザで歌っている。1曲の中で1人の声優が4役こなして歌うなんて今まで無かった気がする。しかも、マシンガンのように声を変えながら歌うなんて。

鎮守府の朝 by 第六駆逐隊 暁・響・雷・電(cv洲崎綾) 試聴YouTube

この曲、ライブがあったらどう歌うのだろう・・・。

キャラソンを聴いててふと思ったのが、最近、世の中がキナ臭くなってる中、こういう兵器を擬人化するのってどうなんだろう?ってこと。日本も右傾化してヤバくなってるし、もしかしたら兵器や戦争のイメージを「萌えキャラ」でカモフラージュしてるんじゃないか?なんて陰謀めいたことさえ感じてしまう。

うぽって、パンツァー、艦これと、世の中がキナ臭くなると、アニメやゲームの世界もこの手の話が多くなってる気がする。でもまあ、今の関心は艦これのアニメはどうなるんだろうってことなんだけども。

艦これのアニメ、艦娘のダメージ描写や撃沈はどう描くのだろう・・・。撃沈させるのか?

□□□
艦隊これくしょん 〜艦これ〜 【DMM.com】

Home > アニソン・キャラソン > 艦隊これくしょん -艦これ-

Rev. from DVLの新曲は“天使すぎる”恋してズッキューン!

“天使すぎる”アイドル「橋本環奈」が所属していることで人気のRev.from DVL。その新曲、2ndシングル「Do my best!!」は、やはり“天使すぎる”曲だった。

ガールフレンド(仮)のPVを見てどんな曲を歌うのかはなんとなく知っていたけど、1曲目を聴いた印象は「なんとなくロック?」なよくあるアイドルポップ、アイドルロックな感じだった。

ところが、3曲目「恋してズッキューン!」を聴いて少しビックリ(買ったのはType-B)。ラブライブかアイドルマスターのキャラソンを聴いているような感じ。この曲はなかなかのスマッシュヒットだった。

福岡発のアイドルなのに、AKB48でさえ踏む入れない世界に足を踏み入れている感じだ。

■Do my best!!
01. Do my best!!
02. STEP by STEP!
03. 君だけのストーリー(Type-A)
03. 恋してズッキューン!(Type-B)試聴iTunes

ミスなのかは知らんけど、「恋してズッキューン!」は試聴なのに全て聴けるようになっている。何故?と思わなくもないが、まあ良い曲なのでこの曲だけでも聴いてみるといいかも。オススメだ。

橋本環奈に限らず、このアイドルグループ、結構可愛い子が多い気がする。

□□□
Rev.from DVL YouTube公式チャンネル

ナイトレンジャー新作アルバムはロックの王道! High Rord!!

ナイトレンジャーといえばアメリカンなロックであり、アメリカンなハードロック。ハードロックというジャンルが一番華やいでいた時代を生き抜いたバンドだけに、その音楽はなんともいえない魅力がある。

既に大ベテランの域に達している彼等ではあるが、3年ぶりとなる新作アルバム「High Rord」でも、相変わらずメロディアスなロック、ハードロックを聴かせてくれている。

個人的には2011年の来日以来のご無沙汰。新譜がリリースされていたこともしばらくは気づかなかった。2011年に発表されたアルバム「Somewhere In California」が最後のアルバムになるのかな?といった印象をもっていただけに、再び彼等の新曲を聴けることはアニソンやキャラソンの新曲を聴くのとはまた違った喜びだ。


High Rord : Night Ranger (公式PV)試聴YouTube

動画は新譜のタイトルともなっている今作の代表曲。まさに王道、High Rordなメロディで、いかにもアメリカンなキャッチーさだ。初期のダークなナイトレンジャーもいいが、やはりナイトレンジャーの魅力はこういう"ライト"な感覚だろう。

それにしても、相変わらずギターのブラッドギルスが光っている。かっこ良すぎ。アーミングのギターソロも良いメロディだ。あと、気になったのがキーボード。キーボードがマイケル・ローディーからエリック・レヴィに変わってる?ようだ。

しかも、

何故か、

アラン・フィッツジェラルドのコスプレをしている・・・。

とにもかくにも、ナイトレンジャーはツインボーカル、ツインギター、共に健在だ。日本盤にはPV映像のDVDも付属させるなど、プロモーションにも力がはいっている様子10月には来日公演もあるようで、ナイトレンジャーの日本での人気はまだまだ健在なようで嬉しい限りだ。

□□□
NIGHT RANGER - ニュース 【UDO】

エアコンのカビ臭対策、消臭には停止前30分の送風運転が効果的!!

エアコンの嫌な臭いを防ぐには、エアコンを消す前の30分間(余裕があれば1時間)、送風運転をすると良いらしい。

エアコンの臭いの原因はカビ・・・らしい。冷房運転によって結露が発生し、エアコンを消しても内部には湿度70パーセント以上の湿気がこもってしまうのだとか。

自動掃除機能付きエアコンなら自動で掃除してくれるのだが、あいにくうちのエアコンはそんなセレブ機能は付いていない。つまり、自分でこの湿気をなんとかとらなくてはならないのだ。

とはいえ、方法は簡単。エアコンを停止するタイミングで30分程度送風運転をすれば良いだけ。これだけで自動掃除機能付きエアコンにも負けないぐらい湿気をとってくれるらしい。

また、夏が終わり、しばらく冷房運転をしない場合は2時間ぐらい送風運転をしたほうが良いらしい。送風によってエアコン内の湿度を70%以下に下げると、5日後にはカビは成長できなくなり死滅するそうだ。

さらに、面倒でなければ時々送風運転をしてやれば、次の夏も臭いを気にせずにエアコンを使うことができるようだ。

□□□
エアコンのカビは送風運転で予防!【All About】
エアコンのカビは、1日2時間の送風運転で増殖を防ぐ【株式会社シラフィ】

アニメ「神様ドォルズ」の再放送は2期制作への伏線!?

神様ドォルズ 北米版BD-BOX[import][全13話][PS3再生OK]

ストーリーの面白さ、設定の面白さが際立っていたアニメ「神様ドォルズ」。放送が終わってもう3年が経つアニメだが、ふと気づくと、原作漫画は12巻で既に完結していた。そして今、AT-Xでの再放送決定に続き、TOKYO MXでも再放送が始まっている。

これは、もしかしたら「神様ドォルズ2期放送決定!」の前ぶれかもしれない。

2011年の夏、神様ドォルズの1期アニメが終了した時点では、まだ原作のストックが足りず、物語的に2期の制作は難しかった。しかし、原作のストックが12巻まで増えた今、もはやその心配も無くなったわけだ。

また、原作者のやまむらはじめは月刊サンデージェネックスで新作の漫画「碧き青のアトポス」を連載している。神様ドォルズの2期が制作されたとしても、人気や話題性、注目度で事欠くこともないだろう。

つまり、神様ドォルズ2期制作の期は熟しているわけだ。近い将来、アニメの再放送が終了する秋口には、神様ドォルズ2期放送決定!の一報が聞けるかもしれない。

話は変わってアニメ主題歌の話。このアニメ、ED曲がかなり印象的だった。「スイッチが入ったら」という曲で、歌っていたのが、あの石川智晶だ。

石川智晶といえばSee-Sawだろう。そして、See-Sawといえば梶浦由記でもある。梶浦由記といえば印象的なコーラス「梶浦語」が有名だが、そこは同じ遺伝子を持つ石川智晶の場合も同じ。彼女の曲でも「石川語」、あるいは「智晶語」とでも呼ぶべき独特な造語コーラスが聞けるのだ。

ま~め~水と~ふ~♪ま~め~水と~ふ~♪ま~め~水と~ふ~♪

久々に聴いても、やはり豆~水~豆腐~♪としか聴こえない・・・。でも、曲自体はもの凄くドラマティックな良い曲。歌声もかなり個性的で印象的。色々な意味で、ほんと、不思議な曲だ。

スイッチが入ったら by 石川智晶試聴 iTunes)

YouTubeなどでも聴くことはできるが、ここは正規リンクで。試聴でも「ま~め~水と~ふ~♪」は聴くことができるので、ぜひとも聴いてみてもらいたい。

神様ドォルズのアニメ本編は再放送の他、動画配信サイトなどでも視聴することが出来る。ストーリーの良いアニメなので、見たことのない人はぜひ無料の1話だけでも見てみることをおすすめする。

ちなみに、サントラには案山子の起動音や、7話のED曲「ゆめ~ゆめ~ゆめ~♪」が収録されていたりする。こちらも「智晶語」全開でおすすめだ。

□□□
空守村かわら版|『神様ドォルズ』公式サイト

Home > 名作アニメ > 神様ドォルズ

惨敗の日本がワールドカップ関心度1位!? 人気と実力が反比例するもどかしさ

ブラジルで開催されている2014FIFAワールドカップ。日本は世界との差を見せつけらる残念な結果となってしまったが、SNS上での関心度では、日本が世界230カ国中1位だったらしい。

アドビシステムズの調査によれば、ワールドカップへの関心度でトップだったのが日本。その関心度は37%で、2位のイギリス(11%)を大きく引き離している。開催国のブラジルは反対運動の影響か9%の3位、以下、4位ドイツが8%、5位米国が同じく8%と続いている。

つまり、日本はワールドカップを支えるサポーターとして見れば、ダントツの優勝というわけだ。

今回のワールドカップではゴミ拾いをする日本人サポーターの姿が世界中で話題となったが、まさに日本人のサッカー愛、ワールドカップ愛が行動となって表れたのだろう。

また、関心度調査では、アジアパシフィック地域のワールドカップへの関心度が全体の48%を占めていることも報じている。つまり、日本だけでなく、世界人口の4割を占めるアジアの人々が、ワールドカップに対して非常に高い関心を寄せているということになる。

惜しむらくは、そのアジア枠の出場国がワールドカップで1勝もできなかったこと。惨敗を喫したのは日本だけではない。韓国もイランもオーストラリアも、何れも結果を見れば1勝もできずに終わってしまった。

オーストラリアは良い試合をした。イランはアルゼンチン相手によく頑張った。韓国はただの実力不足。一番失望させられたのが日本だ。切腹すべきだ

これは中国のサッカーファンがアジア勢を総括したコメントだが、まさに言い得て妙。辛辣なコメントに反論したくもなるが、コロンビアの控えに完敗を喫したことを考えれば、悔しいがぐうの音も出ない。

4チーム12試合、0勝3分9敗の結果に、既にアメリカメディアは「W杯のアジア枠が削減されるかも知れない」と報じている。ワールドカップへの関心が高いとされる我々としては心外な報道だが、関心度の高さと実力、成績が比例しないのもまた事実。以前からささやかれていたアジア枠削減論が再び再燃することになってしまうかもしれない。

今回ワールドカップに出場できなかった他のアジアの国、人々にとっては、ブラジルでのアジア勢の姿はとてもふがいなく、まるで悪夢を見ているかのように映ったに違いない。

□□□
SNS上でのワールドカップへの関心度、世界230カ国中1位が日本
W杯アジア最後の希望、韓国戦・・・中国ネットすでにアジア勢を総括「失望させた日本、切腹すべき」

Review & Revue

スポンサードリンク



ブログツール


  • Powered By BlogPeople
    Last.fm